2006年12月02日

シュルト

K−1グランプリ決勝トーナメントをテレビで観ましたパンチ

昨年はセーム・シュルトの圧倒的な強さにどうにもならないと
感じずにはいられませんでしたが、今年はシュルトも研究されて
苦戦するだろうって思ってましたパンチ

初戦から「無冠の帝王」ジェロム・レ・バンナとの対戦、個人的には
「バンナの戦い方ではトーナメントは無理」と思いつつも、バンナ
のパンチよりもむしろ強いローキックでシュルトの左足を壊すひらめき

そうなるとバンナは負けはするものの続いてホーストのコンビネーション
の最後に必ず入るローキックでシュルトのダウン、これで試合巧者の
ホースト判定勝ちになる。それで決勝はホーストとグラウベか?

ホーストを応援するもグラウベ強い!!って感じが僕の予想パンチ

結果は全く予想できなかったシュルト×アーツで、アーツが意地を見せ
るもののやはりシュルトの牙城は崩せずパンチ
番狂わせなしのシュルト連覇となりました。

でもシュルトは3試合ともK.O.できず全て判定。
来年は誰かが倒すパンチ

僕が倒すパンチ


posted by KJ at 23:27| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パチ屋の店員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28774088

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。